2011年11月07日

国会は公務員給与下げに動け

7日朝刊2面【総合・政治】社説2
 国家公務員の給与を引き下げる特例法案の取り扱いが、今国会の焦点になっている。
 政府は国家公務員の給与を平均0.23%下げるよう求めた人事院勧告(人勧)の実施を見送り、公務員給与を2013年度末まで平均で約7.8%引き下げる特例法案の成立を目指している。
 この特例法が成立すれば年間で2900億円捻出できる。政府は2年間分に相当する約6000億円を東日本大震災の復興財源にあてる方針だ。所得税の増税などで納税者に負担を求める以上、政府自らが身を切る姿勢を示すのは当然である。人勧を上回る給与の削減はやむを得まい。
 菅前内閣が特例法案を提出する際、民主党の有力支持組織である連合に、国家公務員に協約締結権を与えるなどの内容を盛り込んだ国家公務員制度改革関連法案とセットで成立させることを約束した経緯がある。
 しかし野党第1党の自民党には協約締結権付与に強い慎重論があり、同時成立にこだわると法案審議の道筋がつかなくなる。公務員制度改革関連法案は詰めるべき論点も多く、時間をかけて審議する必要がある。政府は公務員制度改革関連法案とは切り離し、特例法案の成立を優先させるべきだ。
 菅前内閣は地方公務員給与について、国の給与削減を前提にした措置はとらない方針も組合に示したが、これは納得がいかない。地方公務員給与は従来、国に準じる形で決まっており、今回だけ例外扱いにする理由は乏しい。


公務員の給与を減らし、それを震災の復興財源にしよう、20兆円と言われる支出総額からすれば6000億円なぞ微々たる額に過ぎません。
それでも、復興増税をする上で「政府もやってます」というポーズを国民に見せる必要があるので、こういうお話になっているのでしょう。
明治15年頃ですか、日本は清国海軍の脅威に晒されます。
「自分もかつては経済建設に国庫の金を使うのに賛成していたのだが、もしその金を軍備に使っていればいまほどのことなっていなかった。慙愧に堪えない」、と福沢諭吉が後悔したぐらい日本は追い詰められていました。(岡崎久彦著「戦略的思考とは何か」中公新書)
清は日本の財政窮乏を見越していたわけですが、明治19年には建艦公債を発行し「松島」「厳島」「橋立」の三景艦の建造をいそぎ、明治23年には明治天皇の御内帑金下賜と国民の建艦寄付運動でどうにか建艦をつづけ、明治26年に議会が建艦費を全額削除すると、明治天皇は六年間の宮廷費を節約し毎年三十万円を下賜され、官吏も特別の事情のあるものを除き6年間月給の十分の一を建艦費に返納するといこととなり、一転して、議会も大建艦計画を満場一致で採決します。
いわゆる「臥薪嘗胆」時代の故事ですが、その後、日本は清国に打ち勝って世界が驚くことになります。

千年に一度という我が国にとって大災害があり、そこから復旧・復興するという大きな国家的プロジェクトなのに、政府内に「熱さ」を感じないのです。
前述のように公務員給与削減なんてのは微々たるものですが、内閣から言われて渋々やるという後ろ向きでなく、「臥薪嘗胆」時代のように官僚自らが返納を申し出るぐらいの情熱を示せば、国民も国会も動きますよ。
こうした日本の一体感を感じることができない、それが「放射能汚染」と言って差別を生んでいる根本にあると思うのです。
自分とは関係ない話だ、どうせ遠くで起こっていることだ、こっちに来るな、みたいな冷酷さ他人事さはどうしてなんだろうと、「臥薪嘗胆」と比べるとあまりにも政府と国民との距離があるからではないでしょうかね。
posted by 泥酔論説委員 at 09:28| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
公務員は比較的薄給に抑えられ、将来の展望も暗く、マスコミに不当に貶められ名誉も貰えておりません。
今のベテラン官僚は、バブルの高揚を受けられず、なんで公務員なんかに成るのかとバカにされた世代。
若手は昇級も旨味(名刺も自腹だそうな)もなく、膨大な仕事にうもれています。
高い使命感を持って働く場所を選んだにしても、40歳で年収7百万を超える程度の給料では、国のために労力以上を進呈しろなんていうのは、虫が良すぎるのではないでしょうか。
公務員が高級取りとは私は思えませんが。
あの能力と学歴を持ってたら、もっと上回る給料って普通貰ってますよね。
Posted by 公務員と取引している者 at 2011年11月08日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

政府内に「熱さ」を感じない
Excerpt: 千年に一度という我が国にとって大災害があり、そこから復旧・復興するという大きな国家的プロジェクトなのに、政府内に「熱さ」を感じないのです。泥酔論説委員の日経の読み方2011年11月7日記事から「絶対愛..
Weblog: 遊学生活 blog
Tracked: 2011-11-07 22:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。