2015年12月28日

イラク軍、州都ラマディ奪還へ 「イスラム国」、拠点から撤退

28日朝刊7面【国際】ドバイ=久門武史
 イラク軍が過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)が5月に支配下に置いた中西部アンバル州の州都ラマディの全面奪還へ、大詰めの攻勢を掛けている。ラマディは首都バグダッドの西方約100キロメートルにある要衝。全面奪還は、ISにとっては大きな打撃となる。
 イラク軍報道官は27日、ラマディ中心部でISの最後の砦(とりで)となっていたかつての政府庁舎施設について「掌握した」とロイター通信に語った。AFP通信は、IS戦闘員が抵抗をやめこの施設から撤退したと伝えた。
 イラク軍は8日にラマディ南西部を奪還し、22日に中心部に進撃した。ISは接近を阻むためユーフラテス川の橋を破壊したが、政府側は仮設橋を架けて中心部に進入した。米軍主導の有志連合が空爆で作戦を支援している。
 中心部の攻防戦でISは自爆攻撃や狙撃で激しく抵抗し、さらに住民を「人間の盾」に利用。民間人の犠牲が膨らみかねず、ISの拠点に近づくほどイラク軍の前進速度は鈍っていた。ISが市街地に仕掛けた多数の爆発装置の除去にも手間を取られた。
 ラマディは首都バグダッドとシリア国境を結ぶ幹線道路が通る要衝。奪還できれば、イラクのアバディ政権にとっては3月に北部の要衝ティクリートをISから奪い返して以来の戦果となる。
 ただISは2014年6月に制圧したイラク第2の都市モスルなど、なおイラクとシリアにまたがる広い地域を支配している。アバディ首相は25日、「ラマディの勝利に続き、全イラク国民の団結によりモスルを解放する」と強調した。
 一方、シリア北部では26日、米軍主導の有志連合の空爆支援を受けたクルド人勢力が、ISが「首都」と位置づけるラッカの近郊にあるダムを制圧。クルド人勢力幹部はユーフラテス川に沿ったISの主な補給路の一つを遮断したことになるとロイター通信に語った。


今年5月のラマディ失陥に対して、カーター米国防長官はイラク政府軍の恥ずべき撤退を非難しましたが、オバマ大統領は「戦術的撤退」などとイラクを擁護していました。
しかし、ラマディには100両を超えるアメリカから供与された戦車や重砲など、2000人規模のイラク正規軍がいたにも関わらず、わずか150人ばかりのISを前に、彼らは装備を全部放棄して逃げ出したのです。
これは弱兵というより、明らかにISとイラク軍の一部とがグルなのだと思います。
ご案内のとおり、ISと言ってもイスラム原理主義的なのは表の顔で、その中核はスンニ派の元バース党幹部や元イラク軍幹部であって、彼らはフセイン大統領時代から大変世俗的でした。
つまり、ISの実態はフセイン一派によるイラク戦争の復讐戦であり、原理主義に憧れて海外から流入してきた外国人ムジャヒディンたちは、その駒に過ぎないという構造なんですね。
更に、シーア派で占められる現政権が宗派や部族で差別することに対し、イラク軍内部では強い不満があって、旧軍時代からの繋がりがあるISに同調し易いと言われています。
イラク国内で多発していた自爆テロも、ISの前身であるフセイン一派の仕業とされており、要するに権力闘争なんだと捉えていいでしょう。
従って、ISの支配地域とされるのも、スンニ派が多いイラク北部、西部そしてシリア東部に限られており、そこの部族が協力しているからこそ「支配」ができているのです。
もちろん、各部族も現世的な利益を求めており、ISは収奪した原油の収益を部族長に分け与えています。

カネの切れ目が縁の切れ目ではありませんが、ここ最近のロシアによる原油関係施設やタンクローリーの空爆やトルコに対する名指し批判など、ISの資金が目減りし、ISに協力してきた部族も離れつつあるようです。
ラマディでも、守備をしていたIS兵の大半が外国人だったそうで、住民はISを見限ってとっくに逃げ出したということです。
また、攻める方も米特殊部隊の支援に加えて、彼らがイラク軍精鋭から選抜訓練した「テロ対策サービス」(CTS)を中核とし、他にもクルドやシーア派民兵などISと通じている将兵を排除しています。
ですから、今回のラマディ奪還は資金源を絶ち、協力勢力を絶ち、ISからの影響を絶ちという戦略の成果だと思うのです。
対IS戦争にとって、ターニングポイントなる戦闘だったと思います。
これはシリアでも、ラッカ奪還に応用できる事例となりましょう。
問題はモスル攻略で、ここは石油も産出する重要戦略拠点です。
ISにとって絶対防衛圏であり、モスル攻防が対IS戦争を決するといっても過言ではありません。。
posted by 泥酔論説委員 at 13:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。